輪講テキスト



  • 2012年度:志賀徳造著「ルベーグ積分から確率論」(共立出版), マーク・カッツ著「Kac 統計的独立性」(数学書房), 舟木直久「確率論」(朝倉書店)など

  • 2013年度:志賀徳造著「ルベーグ積分から確率論」(共立出版), 藤田岳彦著「ランダムウォークと確率解析(ギャンブルから数理ファイナンスへ)」 (日本評論社), E. Lesigne著「Heads and Tails」(アメリカ数学会)

  • 2014年度:志賀徳造著「ルベーグ積分から確率論」(共立出版), W.フェラー著「確率論とその応用」(紀伊國屋書店), 松本裕行著「応用のための確率論・確率過程」(サイエンス社)

  • 2015年度:志賀徳造著「ルベーグ積分から確率論」(共立出版), W.フェラー著「確率論とその応用」(紀伊國屋書店), Mark Kac著「Kac 統計的独立性」(数学書房), G.ブロム他著「確率論へようこそ」(丸善出版)

  • 2016年度:シナイ著「確率論入門コース」(丸善出版), ジョーンズ著「情報理論と符号理論」(丸善出版)


  • 卒業論文題名



  • 2012年度: 配分問題再訪,ハーディー・ワインベルグの定理について, 確率の非常に小さな事象について,中心極限定理におけるMarkovの方法, 大数の強法則について

  • 2013年度:対称ランダムウォークに関するレヴィの定理・ピットマンの定理,重複対数の法則について,収束しない確率変数列について

  • 2014年度: スターリングの公式の精密化と応用, ブラウン運動の軌道の性質について, 平面グラフ上のランダムウォーク, 1次元単純ランダムウォークについて

  • 2015年度: 中心極限定理(直感的理解と証明), 確率論の数論への応用, ペテルスブルグの逆説について, ランダム置換

  • 2016年度 シャノンの第一基本定理について, シャノンの基本定理, 符号理論について


  • 戻る