研究集会

  1. E7(1)型対称性をもつ 4 階離散力学系について
    増田 哲
    複素領域における関数方程式とその周辺,広島大学理学研究科,2017.3.6-8.

  2. A 型 q-パンルヴェ系とその超幾何函数解
    増田 哲
    Workshop on Accessory Paramaters,東京大学玉原国際セミナーハウス,2016.8.23-25.

  3. Construction of a class of rational solutions to the q-Sasano system of type D7(1)
    増田 哲
    Topics on tropical geometry, integrable systems and positivity, 青山学院大学理工学部,2015.12.22-24.

  4. D7(1)型 q-笹野系の有理解について
    増田 哲
    Workshop on Accessory Paramaters,東京大学玉原国際セミナーハウス,2015.6.18-21.

  5. 離散冪函数の明示公式と諸性質
    増田 哲
    非線形数理モデルの諸相:連続,離散,超離散,その先,マス・フォア・インダストリ研究所,2014.8.6-8.

  6. D 型アフィン Weyl 群対称性をもつ高階 q-差分方程式
    増田 哲
    アクセサリー・パラメーター研究会,熊本大学理学部,2013.3.15-17.

  7. D 型アフィンワイル群対称性をもつ高階 q-パンルヴェ系
    増田 哲
    超幾何方程式研究会 2013,神戸大学大学院理学研究科,2013.1.5-7.

  8. 笹野系の q-類似について
    増田 哲
    研究集会「非線形波動研究の最前線−構造と現象の多様性−」 九州大学応用力学研究所,2012.11.1-3.

  9. 二項係数と Sierpinski 三角形
    岩尾 慎介,増田 哲
    研究集会「非線形波動研究の進展−現象と数理の相互作用−」 九州大学応用力学研究所,2011.10.27-29.

  10. 離散羃函数の明示公式
    増田 哲
    超幾何方程式研究会 2011,神戸大学理学部,2011.1.5-7.

  11. 離散羃函数の明示公式
    増田 哲
    研究集会「非線形波動研究の新たな展開−現象とモデル化−」 九州大学応用力学研究所,2010.10.28-30.

  12. ASDYM 方程式と Ernst 方程式,ASDYM 方程式と Painleve III 方程式
    増田 哲
    研究集会「自己双対 Yang-Mills 方程式の数理と可積分構造」 名古屋大学 多元数理科学研究科,2009.11.7-8.

  13. Discriminants of Umemura polynomials associated with PV
    増田 哲
    Workshop on Accessory Parameters, 東京大学玉原国際セミナーハウス,2009.6.18-22.

  14. E8(1)型 q-Painleve 系の超幾何タウ函数
    増田 哲
    研究集会「ソリトンの数理とその応用:非線形波動から可積分系へ」 湯田簡易保険保養センター,2007.12.21-23.

  15. E8(1)型 q-Painleve 系の超幾何タウ函数
    増田 哲
    研究集会「非線形波動研究の歩みと展望」 九州大学応用力学研究所,2007.11.7-9.

  16. Painleve V 方程式の超幾何解と反自己双対 Yang-Mills 方程式
    増田 哲
    研究集会「可積分系数理の新潮流」 数理解析研究所,2007.8.20-8.22.

  17. Ernst 方程式,Painleve 方程式,特殊函数
    増田 哲
    ソリトン・特殊関数・変換理論,国民宿舎つづらお荘,2006.5.13-14.

  18. Painleve 系の特殊解と行列式
    増田 哲
    超幾何方程式研究会,神戸大学,2006.1.6-7.

  19. Ernst 方程式再訪
    増田 哲
    研究集会「非線形波動および非線形力学系の現象と数理」 九州大学応用力学研究所,2005.11.9-11.

  20. E7(1)型 q-差分 Painleve 方程式の Riccati 解のτ函数
    増田 哲
    研究集会「非線形波動の物理と数理構造」 九州大学応用力学研究所,2004.11.15-17.

  21. 離散パンルヴェ方程式とその超幾何関数解
    梶原 健司,増田 哲,野海 正俊,太田 泰広,山田 泰彦
    複素領域の微分方程式,神戸大学,2004.1.12-14.

  22. Painleve 方程式の特殊函数解と反自己双対 Yang-Mills 方程式
    増田 哲
    短期共同研究「可積分系理論とその周辺−課題と展望を探る」 数理解析研究所,2003.7.30-8.1.

  23. A5(1) 型 Noumi-Yamada 系に付随する特殊多項式
    増田 哲
    研究集会「非線形波動および非線形力学系に関する最近の話題」 九州大学応用力学研究所,2002.11.6-8.

  24. Painleve VI 方程式の代数函数解---行列式表示と退化極限
    増田 哲
    短期共同研究「微分方程式の変形と漸近解析」数理解析研究所,2002.6.3-7.

  25. q-Painleve V 方程式の有理解
    増田 哲
    研究集会「非線形波動現象の理論と応用」九州大学応用力学研究所,2001.11.14-16.

  26. Painleve 方程式の有理解と Schur 関数
    増田 哲
    研究集会「組合せ論・表現論とその周辺」岡山大学理学部,2001.1.9-12.

  27. Painleve V 方程式の有理解と universal character
    増田 哲,梶原 健司,太田 泰広
    短期共同研究「パンルヴェ方程式の解析」数理解析研究所,2000.10.23-27.

  28. Discrete Toda equations and discrete Painleve II equations
    増田 哲,梶原 健司
    研究集会「非線形波動のメカニズム---現象とモデルの数理構造」 九州大学応用力学研究所,1999.11.8-10.

  29. Painleve 方程式および離散 Painleve 方程式の有理解の Schur 関数型表示について
    増田 哲,梶原 健司
    短期共同研究「離散可積分系に関する最近の話題」数理解析研究所,1999.8.2-4.

  30. Darboux transformation for the Painleve XXXIV and Painleve II equations
    増田 哲,梶原 健司
    研究集会「ソリトン理論の新展開」九州大学応用力学研究所,1998.11.9-11.

  31. Neugebauer-Kramer solutions to Ernst equation in Hirota's direct method
    増田 哲,佐々 成正
    研究集会「ソリトン理論の新展開」九州大学応用力学研究所,1997.11.26-28.

  32. 円筒型戸田方程式から円筒型 KdV 方程式への変換
    増田 哲
    研究集会「ソリトン理論とその応用」総合大学院大学,1995.11.9-11.

国際会議

  1. A q-analogue of the higher order Painleve type equations with W(Dl(1))-symmetry
    Tetsu Masuda
    China-Japan Joint Workshop on Integrable Systems
    Kyoto University, Kyoto, Japan, 2013.3.16-19.

  2. An explicit formula for the discrete power function associated with circle patterns of Schramm type
    Tetsu Masuda
    Various Aspects on the Painleve Equations
    RIMS, Kyoto University, 2012.11.26-30.

  3. An explicit formula for the discrete power function associated with circle patterns of Schramm type
    Tetsu Masuda
    Infinite Analysis 11 - Frontier of Integrability -
    University of Tokyo, 2011.7.25-29.(ポスターセッション)

  4. The anti-self-dual Yang-Mills equation and the third Painleve equation
    Tetsu Masuda
    China-Japan Joint Workshop on Integrable Systems on the occasion of Prof. Hirota's 77th Birthday
    Shaoxing Yonghe Manor Resort Hotel, Shaoxing, 2010.1.7-10.

  5. Tau functions of the hypergeometric solutions to the q-difference Painleve system of type E7(1)
    Tetsu Masuda
    The 7th International Conference on Symmetries and Integrability of Difference Equations
    The University of Melbourne, Melbourne, 2006.7.10-14.

  6. The anti-self-dual Yang-Mills equation and the third Painleve equation
    Tetsu Masuda
    Algebraic, Analytic and Geometric Aspects of Complex Differential Equations and their Deformations. Painleve Hierarchies.
    RIMS, Kyoto University, 2006.5.15-20.

  7. On special solutions to the q-Painleve equation of type E7(1)
    Tetsu Masuda and Teruhisa Tsuda
    Kobe workshop on Integrable Systems and Painleve Systems
    Department of Mathematics, Kobe University, Kobe, 2005.11.23-25.

  8. q-difference Painleve VI equation arising from q-UC hierarchy
    Tetsu Masuda
    The International Conference on Difference Equations, Special Functions and Applications
    Munich University of Technology, Munich, 2005.7.25-30.

  9. Hypergeometric solutions to the q-Painleve equations
    Kenji Kajiwara, Tetsu Masuda, Masatoshi Noumi, Yasuhiro Ohta and Yasuhiko Yamada
    The 6th International Conference on Symmetries and Integrability of Difference Equations
    Kallvik Conference Center, Helsinki, 2004.6.19-24.

  10. 10E9 solutions to the elliptic Painleve equation
    Kenji Kajiwara, Tetsu Masuda, Masatoshi Noumi, Yasuhiro Ohta and Yasuhiko Yamada
    ISLAND2: Discrete Systems and Geometry
    Isle of Arran, UK, 2003.6.22-27.

  11. Discrete Painleve equations associated with the affine root system of type W=W(A3(1)) and their rational solutions
    Tetsu Masuda, Kenji Kajiwara and Yasuhiro Ohta
    The 4th International Conference on Symmetries and Integrability of Difference Equations
    東京大学数理科学研究科,2000.11.27-12.1.(ポスターセッション)

  12. Exact solutions to Ernst equation in Hirota's direct method
    Tetsu Masuda
    International Meeting on Integrable Systems: Solutions and Transformations
    Guardamar, Spain, 1998.6.15-19.

  13. Stationary axisymmetric solutions of the Einstein equation in soliton theory
    Takeshi Fukuyama, Kiyoshi Kamimura, Tetsu Masuda and Yu Song-Ju
    International Symposium: Advances in soliton theory and its applications
    総合研究大学院大学,1996.12.1-4.(ポスターセッション)

学会

  1. A2(1) および A3(1) 型 q-Painleve 系の超幾何解
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,関西大学,2016.9.15-18.

  2. A 型 q-Painleve 系とその拡張について
    池田 亜瑞沙,増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,関西大学,2016.9.15-18.

  3. D7(1) 型 q-笹野系の有理解の構成
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,京都産業大学,2015.9.13-16.

  4. 笹野系のq-類似
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,京都大学,2013.3.20-23.

  5. 離散冪函数の明示公式
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,早稲田大学,2011.3.20-23.
    ※東北地方太平洋沖地震のため年会は中止されたが,講演は成立したものとして扱われるため,ここに記載した.

  6. q-Painleve 系の超幾何タウ函数
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,東京工業大学,2008.9.24-27.(特別講演)
    講演資料はこちら

  7. パンルヴェ系の代数解に付随する特殊多項式
    増田 哲
    応用数理学会・応用可積分系研究部会オーガナイズドセッション
    北海道大学,2007.9.15-17.(特別講演)

  8. q-差分 Painleve 方程式に対するトロピカル表現と双線形関係式
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,岡山大学,2005.9.19-22.

  9. E7(1)型 q-差分 Painleve 方程式の Riccati 解のτ函数
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,北海道大学,2004.9.19-22.

  10. 反自己双対 Yang-Mills 方程式と Painleve II 方程式
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,千葉大学,2003.9.24-27.

  11. 二重サイン・ゴルドン写像について
    増田 哲
    日本物理学会(領域11),東北大学,2003.3.28-31.

  12. 普遍指標多項式と A5(1) 型 Noumi-Yamada 系
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,東京大学,2003.3.23-26.

  13. Painleve V および VI 方程式の特殊函数解
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,島根大学,2002.9.25-28.

  14. Umemura 多項式の行列式表示と退化図式
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,明治大学,2002.3.28-31.

  15. q-Painleve V 方程式の有理解
    増田 哲
    日本数学会・無限可積分系セッション,九州大学,2001.10.3-6.

  16. Painleve V 方程式の有理解と universal character
    増田 哲,梶原 健司,太田 泰広
    日本数学会・無限可積分系セッション,慶應義塾大学,2001.3.26-29.

  17. パンルヴェ V 方程式の有理解
    増田 哲,梶原 健司
    日本物理学会(領域11),新潟大学,2000.9.22-25.

  18. Painleve 方程式の特殊関数解とその退化
    増田 哲,梶原 健司
    日本数学会・無限可積分系セッション,早稲田大学,2000.3.27-30.

  19. 離散戸田方程式と離散パンルヴェ II 方程式
    梶原 健司,増田 哲
    日本物理学会(領域11),関西大学,2000.3.22-25.

  20. パンルヴェ III 方程式の有理解
    増田 哲,梶原 健司
    日本物理学会(領域11),岩手大学,1999.9.24-27.

  21. Painleve II および XXXIV 方程式の解の行列式表示の一般化
    増田 哲,梶原 健司
    日本物理学会(応用数学・力学・流体物理分科会),広島大学,1999.3.28-31.

  22. 広田の方法における Ernst 方程式の厳密解
    増田 哲,佐々 成正
    日本物理学会(応用数学・力学・流体物理分科会),日本大学,1998.3.30-4.2.

  23. 円筒戸田方程式と円筒 KdV 方程式を結ぶ変換
    増田 哲
    日本物理学会(素粒子論分科会),中部大学,1995.9.27-30.

セミナー

  1. A 型 q-パンルヴェ系とその拡張について
    増田 哲
    神戸可積分系セミナー,神戸大学理学部,2016.6.22.

  2. D7(1) 型 q-笹野系の有理解に付随する特殊多項式について
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,四季の湯強羅静雲荘,2015.8.5-8.

  3. 笹野系の q-類似
    増田 哲
    青山数理サマーセミナー,青山学院大学理工学部,2012.12.19.

  4. 笹野系の q-類似について
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,KKR蔵王 白銀荘,2012.8.7-10.

  5. D 型高階 q-Painleve 系について
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,休暇村 支笏湖,2011.8.2-5.

  6. 離散羃函数の明示公式
    増田 哲
    九州可積分系セミナー,九州大学大学院数理科学研究院,2010.11.12.

  7. 離散冪函数と Painleve VI 方程式の超幾何函数解
    増田 哲
    函数方程式論ワークショップ,東京大学大学院数理科学研究科,2010.7.26.

  8. Painleve 系の対称性と特殊解
    増田 哲
    デジタル解析学セミナー,早稲田大学基幹理工学部,2010.1.27.

  9. 梅村多項式の判別式について
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,かんぽの宿 鳥羽,2009.7.31-8.3.

  10. D 型 q-パンルヴェ系の代数解の構成に向けて - D6(1)型についての予備的考察
    増田 哲
    関数方程式の変換理論と可積分系,九州大学数理科学研究院,2009.3.16-18.

  11. パンルヴェ系の代数解 - それらの構成と明示公式 -
    増田 哲
    青山数理セミナー,青山学院大学理工学部,2008.6.4.

  12. パンルヴェ系の代数解に付随する特殊多項式
    増田 哲
    青山学院大学理工学部物理・数理学科コロキウム,2008.5.30.

  13. 反自己双対 Yang-Mills 方程式と Painleve V 方程式
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,ビレッジ安曇野,2007.8.6-9.

  14. パンルヴェ方程式および離散パンルヴェ方程式の特殊解
    増田 哲
    青山学院大学理工学部物理・数理学科コロキウム,2007.7.13.

  15. 反自己双対 Yang-Mills 方程式と Painleve III 方程式
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,東京大学玉原国際セミナーハウス,2006.8.5-8.

  16. E7(1)型 q-差分 Painleve 方程式の Riccati 解のτ函数
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,国民年金健康保養センターひるがみ,2004.8.5-8.

  17. 楕円差分パンルヴェ方程式と超幾何解
    増田 哲,太田 泰広
    東京無限可積分系セミナー,東京大学数理科学研究科,2003.10.25.

  18. 反自己双対 Yang-Mills 方程式と Painleve II 方程式
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,国民宿舎つたじま荘,2003.8.2-5.

  19. A5(1)型 Noumi-Yamada 系の特殊解についての実験結果
    増田 哲
    函数方程式論サマーセミナー,慶應義塾大学立科山荘,2002.8.1-4

  20. Painleve VI 方程式の代数解---行列式表示と退化極限
    増田 哲
    九州大学数理科学研究院,2002.2.12-13.

  21. Hirota の双線形形式と(離散)Painleve 方程式の特殊解
    増田 哲
    神戸大学理学部数学科談話会,2001.5.11.


増田のページへ戻る